砂糖の代わりにガムシロは使えるのか?その違いとは?

コーヒーを毎日2杯飲んでいますが、

基本はミルクだけで砂糖は入れない派。

急な来客で砂糖とミルクを出そうとしたら、

砂糖が切れていた…(-_-;)

その時、ふと頭をよぎったのが

『ガムシロは砂糖の代わりになるのか?』

そんな疑問を解き明かしてみたいと思います。

広告

砂糖とガムシロップの違いは?

そもそも、砂糖とは?

スクロースを主成分とした白砂糖が一般的。

原料はサトウキビ、テンサイ(サトウダイコン)、サトウカエデ、オウギヤシ(サトウヤシ)、スイートソルガム(サトウモロコシ)など。

ガムシロップとは?

砂糖と水、アラビアガムを煮て作られた甘味料。

元々は、砂糖が結晶化しないようにアラビアガムで粘性を持たせたもの。

現在は、「果糖ぶどう糖液糖」と呼ばれるトウモロコシなどのデンプン(コーンスターチ)を使ったものが主流になっており、アラビアガムは使用されていない。

砂糖・ガムシロのそれぞれの特性

ガムシロの成分である『果糖』は甘味度で言えば、砂糖よりも少し甘め。

しかし、40度以下の温度の場合のみ砂糖より甘く感じる。

60度以上の場合は砂糖の方が甘くなる性質があります。

アイスコーヒーでも砂糖は溶ける?

ホットコーヒーには砂糖で、アイスコーヒーにはガムシロップというのが世間一般的な常識だと思います。

アイスでは砂糖が溶けずに、ガムシロップの方が混ざりやすい。

しかし!! 実は、アイスでも砂糖は溶けるんです!!

理科の授業で聞いたことあると思います。

温度に対する溶解度というのがあって、〇〇度で〇〇グラム溶ける。

温度(℃)  0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

溶解度(g) 179 190 203 219 233 260 287 320 362 415 487

室内の温度やコーヒーの温度を考えても余裕で溶けますね。

ただ、温度が高い方が早く溶けるので、冷たいほど溶けるのが遅くなります。

まとめ

このことから考えると砂糖の代わりにガムシロは甘味は得られますが、味が少し砂糖とは違うことと、“とろみ”が少し出てしまいます。

逆にガムシロップの代わりに砂糖は使えるので(少し多めに入れる)砂糖を常備している方が良いですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする